開業医による、本当に役に立つ医院開業のコツ

医院開業を考えたら読むブログ

開業

開業本の紹介まとめ

投稿日:

ツイッターを初めて、たくさんの本の紹介をしてきたので、まとめてみた。

下記の中で、開業を考えたらぜひ読むべきと思う本は、

診療所経営の教科書【第2版】〈院長が知っておくべき数値と事例〉

“集患"プロフェッショナル 2016年改訂版~腕の良い医師が開業してもなぜ成功しないのか~

院長のためのクリニック労務Q&A

クリニック人事労務読本

クリニック広報戦略の教科書―自院のオフィシャルサイトを活用してGoogleに開業する【電子版付】

ぐらいだろうか。

しかし最近はネットからもかなり情報を取ることができるので、私の開業当時に比べ相当知識を得やすくなった。

もちろん、弊ブログ、ツイートやモーメントもそれなりに役立つと思っているので、よければ過去に遡ってみていただければと思っている。

50のしくじり事例に学ぶ 診療所開業ガイドブック

おすすめ度 4/5

開業医がぶつかる壁についてまとめられている。
まとまってはいるので、今まで開業につき勉強したことない人には入門書としてはいいかも知れない。
十分勉強してる人には既知のことが多いかも。

マーケット感覚を身につけよう---「これから何が売れるのか?」わかる人になる5つの方法

本の紹介。

これからの時代を生き抜くのに、医師でも知っておくとよい知識。

「日本の金融機関に勤めるより、日本のファミレスで普通に働ける方がグローバルでは価値がある可能性」

院長のためのクリニック労務Q&A

開業時、医師は苦手だが中々勉強に時間が取れない労務のこと。

非常に基本的なことだが、よくぶつかる問題を簡単に説明してくれている本。

社労士などに頼るべきだが、これくらいは知っておいてよいと思う。

クリニック人事労務読本

もう1冊労務関係の本。
これも基本的なことが書かれている。
医院開業に際し上の本と、この本の知識くらいでまずは十分だろう。

これ以上は社労士など、プロに任せるのがよいと思う。

クリニック広報戦略の教科書―自院のオフィシャルサイトを活用してGoogleに開業する

現在の開業は、googleに開業する発想が重要になってきていることは以前のツイートでも何度も述べた。

直近のネット対策が分かりやすくまとめられているいい本。

超・開業力 在宅医療・クリニック経営の新常識と新城式

在宅医療のイメージを掴むのに素晴らしい本。
在宅の具体的なことまで。
筆者の熱い気持ちが伝わってくる。

診療所経営の教科書【第2版】〈院長が知っておくべき数値と事例〉

非常にいいデータがまとまっている。かなりおすすめ。

特に内科開業を考えている人には特に合う内容。

集患"プロフェッショナル 2016年改訂版~腕の良い医師が開業してもなぜ成功しないのか~

これもかなりおすすめ。

開業時に私が衝撃を受けた本はこれ。今は改訂版が出ている。

開業直前に読むとちょっと暗い気持ちになったがこれが現実かと思った。

患者に選ばれるクリニック: クリニック経営ガイドライン

インターネット時代のクリニックの勝ち方を知ることができる本。
10年前ではできなかった集患のメカニズムである。

がんばれ猫山先生

数名のtwitter内の先生方にご紹介され、私も読んだ。

非常にリアルで、でも開業の悲喜こもごもを詳細に書いてあり、共感することが多かった。

開業の前準備として読むのは面白いと思う。

2030年の世界地図帳 あたらしい経済とSDGs、未来への展望

直接的には開業とは関係ないが、来るべき時代を知る上で、知っておいてもよいと思う内容。

こういう未来が来るとして、これからどのように振る舞うべきか、自分に落とし込んで考えたいと思う。

医療4.0 (第4次産業革命時代の医療)

勤務医、開業医に関わらず、これから来る新時代、どう医療に関わるべきかのヒントになる本。

このインタビューを短期間にこなした著者のバイタリティに驚く。

フリーランス医師の作り方

医師の働き方について、すごく分かりやすい。

医師はこういったことを教えてもらう機会がないので、非常に勉強になる。

労働に関する法律を知ることは、ゆくゆくは開業を考えている医師も知っておくと良いと思う。

「礼儀正しさ」こそ最強の生存戦略である

twitterのフォロワー先生におすすめされた本。

直接開業には関係ないが、これを心がけることが、仕事はもちろん、プライベートでも非常に大事だと感じる本。

「数字」が読めると本当に儲かるんですか?

限界利益を知るのにわかりやすい本。

限界利益を良く理解しておくと役にたつと思う。

医師の妻がノウハウ0から人気クリニックを作り上げた業界の常識にとらわれない経営

医院経営の肝腎なことがまとまっている。事務長の客観的な視点。
よく勉強している先生には既知なこともあると思うが、これから勉強の先生にはおすすめか。

プロパガンダ

直接医院開業には関係ない古い本だが、人間がいかに広告によって無意識に動かされているかを、動かす側から見ることができる本。

医療とてこれに関しては変わらず、こういうことで人の流れが左右する、ということを勉強するにはいい本。

つぶれないクリニック

既に開業している先生は読む必要ない基本的なことが書いてあるが、今後開業を考えている人には開業医の日常を垣間見るにはいいかもしれない。

失敗を経て来院者数300%アップさせた院長が教える クリニック経営の成功法則

同意の内容が多くあった。
クリニックは従業員のモチベーション維持が難しいといつも思う。
その答えの一つが書かれている。


あとは、過去に私がツイッターで紹介した他の本を貼り付けておく。

-開業

Copyright© 医院開業を考えたら読むブログ , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.